データ入稿仕様書

共通事項
○画像はすべてCMYKで300〜400dpi程度のものを使用して下さい。
 カラーモード及び特色(スポットカラー)もCMYK化して下さい。
○CMYKで作られた出力見本を、原寸で添付して下さい。
 画面のハードコピー・JPG・PDFでも結構ですが、
 その場合、文字化けなどの確認に使用するのみで、刷り色見本としては使用できません。
○塗り足しは3mm付けて下さい。
○必要なデータのみを同一フォルダに保存して下さい。
○宅ファイル便やAcrobat.com等の、ネット経由転送サービスでの入稿の場合、
 一つのファイルに圧縮して下さい(zip等)。
○使用したアプリケーションのバージョンを明記して下さい。
○当社の刷り色はJapanColorに準拠しております。

Illustrator(イラストレータ)      8〜CS5まで対応しています。
○一つの台紙には1枚分のデータでお願いします。
○文字(フォント)は必ずすべてをアウトライン化して下さい。
○罫線は「塗り」ではなく「線」の0.1pt以上で作成して下さい。

Photoshop(フォトショップ)
○一つの台紙には1枚分のデータでお願いします。
○できるだけレイヤーは統合して下さい。

InDesign(インデザイン)      CS1〜5まで対応しています。
○PDF/X-1a:2001にて書き出して下さい。
 下記の「Acrobat(アクロバット)」の項もあわせてご覧ください。

Acrobat(アクロバット)
○PDF/X-1a:2001形式で書き出してください。
○カラーモードはCMYKで、文字は必ずすべてエンベッド(埋め込み)してください。
○作字は添付して下さい。
○「Acrobat 4.0」か、最も低い互換性を持たせて下さい。
○セキュリティは一切かけないで下さい。
○アクロバットでノンブルを打たないで下さい。ノンブル分のフォントが埋め込まれません。
○DTPソフト以外で作成されたPDFは印刷できない可能性が有ります。
 下記の「Windows系アプリケーション」の項もあわせてご覧ください。

Windows系アプリケーション(Office・一太郎文書等)
 Vista/7には対応致しておりません。
○PDF変換時、文字はすべてエンベッド(埋め込み)してください。
 有償のフォントなどでは、埋め込めないものも有ります。
○透明効果は線模様に変換され印刷される場合が有ります。
○実線は良いのですが、破線・飾り罫線はダウンサンプルされ、画像化されますので、
 お客様の予想と違う結果になる可能性が有ります。
○ワードアートで作成されたオブジェクトは、変形したり色が変わる・ズレる場合が有ります。
○オートシェイプを使用した箇所は、PDF変換時に予期せぬ状態になっている事が有ります。

○これらトラブルを当社で修正する事は、まず不可能とお考え下さい。
 PDFを作成されたら、一度別の環境でご確認なさる事をお勧めします。
○PDF/X-1a:2001形式での変換が、比較的安全です。
 当社では、アバナスデータでの入稿をお勧めします。



 公文書にも使用されるようになったPDFです。
適切なジョブオプションさえ使えば、完全な印刷物ができると思っている方は多いのですが、実際はなかなか困難です。

 WordはGDIという OSの描画機能を使い、モニタ表示用のデータを作成します。印刷用と称されるPDFは、このGDIが書き出したモニタ描画用のデータを受け取ってPDFに変換します。
 原本が画面表示用ですから、それから完全に印刷に最適化されたPDFができあがるかどうかとなると、それはだれにも保証できません。
PDFの仕様上、罫線程度以上の複雑な処理は、画像に変換して見かけだけを整えます。
RGBの画像に変換されると、そのまま印刷できないこともあります。
画面やプリンター(コピー機)できちんと出力されていても、同じ結果が印刷しても得られるとは限らない事をお含みおき下さい。


・ トラブルが少ないと思われるPDFの作成方法は AdobeTecNote230355 を。
・ 各トラブルの対応に付いては、Adobeの テクニカルサポートページ を御参照下さい。

AVANAS(アバナス)
○アバナスも完璧な変換ツールではありません。
 透明効果・ワードアート・オートシェイプ等でトラブルが起きる可能性は有ります。
 それでも、直接PDFに書かれるよりは格段に安全です。
 現状「Office系文章→印刷用データ」変換では、最強のツールと思われます。
 導入に必要なソフト(ドライバー)は、メーカーより無償で提供されています。
 お客様の環境に応じてダウンロードして下さい。

 SCREENのホームページで 詳しい情報とドライバーをダウンロード



○当社は、頂いたデータをそのまま印刷するのみで、内容の修正や調整は行いません。
 印刷に不都合のある箇所は、お客様の方で直して頂きますようお願いしております。